使用中の冷蔵庫を送る場合の準備や気を付ける事をまとめています。

  • 05, 31, 2017
  •  
  •  情報
  • 使用中の冷蔵庫を送る場合の準備や気を付ける事をまとめています。 はコメントを受け付けていません。

 

冷蔵庫を知り合いの家に送る場合や、売却する場合、また引越し先に送る場合もあると思います。

こんな時にどのように準備をして、発送、また気をつけなければいけない点について紹介します。

 

準備する事は、中身を出して綺麗に掃除をする事のみです。

食材は当日までに使いきるか、またはクーラーボックスに氷を入れて送るか、もしくはクール宅急便で当日に送るかの選択肢を視野に入れて下さい。

冷蔵庫に調味料が入ってる場合、それらはビニール袋に入れて段ボールに荷造りを行いましょう。

 

氷も廃棄し、全て出し切ったら、電源を抜きます

発送日の前日夕方ごろには電源を抜いておいて下さい。

 

電源を抜いたら、下にある蒸発皿に水が貯まりますので、それらも配送当日に廃棄して下さい。

電源を抜いた後は、重曹を使って綺麗に拭き、ニオイを消すにはクエン酸が効果的なのでぜひお試しください。

準備はコレで完了です。

 

発送方法は、業者に全てお任せする方は特に何もする必要はありません。業者が専用キットで梱包を行います。

 

個人で運ぶ場合には、立てたまま輸送するという事だけ注意して下さい。持ち運びする際も、トラックで輸送する際も寝かせると故障につながります。

また冷蔵庫専用のブルーの梱包材も販売されているので、傷を付けない為にはしっかりと保護を行って下さい。

無事目的地に到着したら、電源を入れて下さい。仮に寝かせて運んでしまった場合は、半日ほどは内部にある潤滑油を落ち着かせるため待ってから、電源を入れて下さい。

 

設置場所は壁から5cm以上は離し、直射日光が当たらない場所を選んで下さい。

 

電源を入れた後、内部が冷えてくるのは、室温により異なりますが5時間程度は見て、冷え切ってから食材を入れて下さい。

以上で、安全に冷蔵庫を送る事が出来ます。

もしも、格安業者を探す場合には専門サイトを参照して下さい。

冷蔵庫の配送が格安なのはどこ?

サイズごとの運賃相場から、格安業者のプラン、注意すべき事といった点を事細かに記載しています。

下手な運搬をして冷えなくなったりしたら意味がありませんので、繊細な家電は安心できる業者に任せるようにしましょう。

Comments are closed.