鉢専用ハンガーやフックを利用し省スペースかつ立体的な園芸を

  • 06, 23, 2016
  •  
  •  情報
  • 鉢専用ハンガーやフックを利用し省スペースかつ立体的な園芸を はコメントを受け付けていません。

 

狭いマンションやアパート暮らしで園芸好きの人がどうしても困ってしまうのが鉢花の置き場。

 

 

engei

只でさえ狭い生活スペースの中で、更に花をしっかり育てられる有効なスペースを新たに設けるというのはかなりの工夫が要り、それなりの苦労が伴うものです。

 

 

広いベランダがあれば話は別なのですが、そこもまた洗濯物を干す貴重なスペース。

 

事情は難しいものです。

 

そこで着眼点を変え、空間を立体的に有効活用してみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

鉢花は床や棚の上に直接置いて育てようとするからこそスペースを消費するのであり、

 

 

そこは立体的に壁に掛けたり、物干し竿等に吊るす等すればそれ程大きな邪魔にはならないものなのです。

 

 

 

それを可能にしてくれるアイテムはホームセンターや大型園芸店、種苗育成専門の農園等に行けば結構な種類が販売されているものです。

 

 

その中でも最も購入し易いのがホルダーに鉢を収め、そのホルダーごとベランダの欄干や専用の金網に引っ掛けられる鉢専用のハンガー

 

 

各種のサイズがあり、鉢花を省スペース重視で管理したり立体的に楽しんだりするのに大変便利。

 

 

また直接鉢に取付け吊り下げられるタイプの鉢専用フックもあり、こちらは空気を好む洋ラン等の植物を伸び伸び育てるのに便利です。

 

 

植物を立体的に扱えると、まるで室内が植物園の様に緑豊かな環境に見える筈。

 

 

チャレンジして損は無い筈です。

Comments are closed.